企業の社会的責任について

最近のニュースでは企業の社会的責任について大きく取り上げられています。
特に最近ではフォルクスワーゲンの問題が多く取り上げられていた。企業はどのような責任があるか調べてみた。まず企業の社会的責任とはCSR(企業の社会的責任)と呼ばれている。企業自体がまずどれだけ社会に貢献しているかが問題になってくるらしい。
特にフォルクスワーゲンに問題は排気ガスによる環境破壊が問題のため世界で大きく報道されていた。環境破壊と同時にお客様の信頼を無くし株価も大幅に下落した。お客様の信頼を取り戻すためには環境問題に積極的に取り組んでいくことが重要になっていくと思う。
企業側からするととても大きな責任になってくると思う。売り上げの回復、信頼回復、環境問題への取り組みなどなどたくさんの問題を抱えていくことになる企業側からすると少し不正をしただけでここまでの責任問題になるかといじだろうう感。企業が不正をした時の責任の重さはこれで他の企業にも伝わったはずである。フォルクスワーゲンンの社会的責任のおかげでほかの企業の不正の抑制になったのではないかと思う。
これからフォルクスワーゲンがどう持ち直すか少し楽しみではある。企業の社会的責任についてはフォルクスワーゲンで分かった通り環境問題や汚職問題など責任が重いこと分かった。どんなことがあっても不正をしないようにしていくことが今後どの企業にも求められていく課題であると考えている。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ