ゆるやかな友達関係について

私はけっこう友達はいろいろいると思っているのですが、実は、それは自分の能天気な思い込みで、こっちは友達だと思っていても、向こうは思っていなかったりすることもあるのかもしれません。だから、私が思っている友達の数よりも、実際の友達の数は少ないかもしれないと思います。

だいたい、友達が多いとか思っている人間は、とても楽天的というか能天気で、単なる知人を友達だと思い込めるようなタイプであるとどこかで読んだことがあるのですが、そのときにドキッとしました。思い当たることもあるからです。

こういう温度差については、時々感じることがあります。このごろはネットのSNSなどのつながりが多いのですが、これが案外ときついもので、自分が友達だと思っていた人をフェイスブックなどで見つけて友達申請したら拒否されてしまったり、などということもあり、なんだ、私のほうは友達だと思っていたのに、相手はそうじゃなかったんだなあ、とひとしきり傷ついたりすることがあります。

そういう厳しい現実をつきつけられるのがネットの付き合いなのですが、適度な距離を保ち、つかず離れずでつながっていければ、いい付き合いができるかと思います。今はそういうゆるやかな友達関係というのが大事なのかもしれません。

あまり近づき過ぎてもダメだし、でもつながっている、そのあたりの距離の取り方が難しいかもしれないですね。私は世代的に古い人間なので、時々うまくいかないことがあります。

私はいろいろと相手の気持ちとか考えたりして、考え過ぎてしまうタイプです。だから、時々、自分は相手に嫌がられているのではないか、とか、雰囲気を壊してしまっているのでは、などと、過剰に気にして、ほとんど中学生並みの自意識過剰になります。そうすると、余計に挙動不審なことをしてしまうという悪循環・・・

友達というのは、まあ思い込みなのかもしれないのですが、それでもやはり友情というのはあるかと思います。相手の心をできるだけ気遣って、読めるようになればいいのですが、それも気にしすぎると却って空気が読めないことをしたりしてしまうから、うまくやらないとなあ、などと自制しつつ・・・。

なんだかんだ言っても、やはり友達というのは大事だし、ザッカーバーグではないですが、人間というのはつながりたいという心がどこかにあります。とりあえずつながってくれている友達と、ゆるやかな関係を保っていきたいものだと思うのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ