私の心の処方箋の親友。

最近とても嫌な事があった。
人間不信になるほどショックな出来事だった。
自分の気持ちを整理するのに時間がかかり何もかも投げ出したくなる程だった。

辛い時いつも思い浮かぶのは親友の顔だ。
かれこれ30年以上の古い付き合い。
性格は全く反対なのに考え方の価値観が同じなのでとても気があった。
過去世がもしあるのなら間違いなくその時代でも親友だったと思う。
それぐらい安心出来る絶対的な存在だ。
結婚してから家が離れてしまい時には音信不通になってしまった事もあったけれど不思議といつも何か起きるタイミングが同じで自然と連絡を取り合う事になる。
そしてまたグッと距離が縮まり仲が深まっていく。
とても素敵な関係だ。

今回は私の心が相当折れてしまっていたので電話ではなくラインでやり取りしてみた。
いつもと変わらぬ明るい親友に涙が溢れた。
なんとも言えない安心感。
大人になって知り合った友人達は沢山いる。
でもその友人達には感じる事の出来ない温かさが彼女にはある。 

気の利いた言葉など全くないけれど何故か元気になってしまうパワーを彼女は私に与えてくれる。
些細な悩み事は夫に相談したりする事もあるが、どこか考え方にズレがあり余計に落ち込んでしまう事が多い。
でも彼女は私の全てを理解し見守ってくれるので孤独にならなくて済む。
これは本当に有難い。

元気に復活できるのも彼女が居てくれるからだと思う。
たわいもないラインのやり取りだけでも私の何かを察してくれた彼女。
最後に「どんな時でも味方だよ!」と可愛い笑顔のスタンプと一緒にメッセージを送ってくれた。
数日間グズグズ悩んでいた私だったが嘘のように気持ちが晴れ前向きになれそうな気がした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ