久しぶりの鹿児島観光

 田舎の母が入院したということで、鹿児島の田舎へ帰省することになりました。
病状は命にかかわるような状況ではなかったので、お互いの顔を見て安心するための帰省でした。
二泊三日のスケジュールでしたが、二日目の午前中までは病院に行ったり親戚に顔を出したりして、二日目の午後から三日目を鹿児島観光にしました。
高校時代までは住んでいたので、メジャーな所には何回も行っていました。
そこで今度はちょっと不便なマイナーな所を選んで、レンタカーで行くことにしました。
私は寺社仏閣や自然を見て歩くトレッキングが趣味ですので、その場所が候補になりました。
選んだ場所は「霧島神宮」「えびの高原」「高千穂河原」「丸尾滝」「犬飼滝」「熊襲の穴」です。
鹿児島と言ったら全国的には桜島や指宿などが有名ですが、私の選んだ場所は全国的にはあまり知られていないマイナーな所ばかりです。
「えびの高原」では11月下旬の鹿児島でしたが、滅多に降らない雪が降り、道路がチェーン規制になり苦労しました。
でも思わぬ高原の雪景色を見れて、結果的には良かったと思っています。
「高千穂河原」はどんな所かと興味を持って行ったのですが、山登りの拠点になっていたので、ますます興味が湧きました。
ここを拠点として中岳、新燃岳、御鉢、高千穂峰と、宮崎県との境にちょうど手頃の山がいっぱいあります。
こんな普通の格好でなかったら絶対登っていましたが、こんど来る時は必ず登ろうと思いました。
「熊襲の穴」は以前から熊襲の歴史には興味を持っていたので、ぜひ行ってみたい所でした。
古代に熊襲が住んでいたという洞窟までは、結構な階段を登りましたが、私的には満足できる洞窟でした。
最後に「霧島神宮」にお参りして、鹿児島空港から帰りました。
次回、鹿児島に来る時は、まず間違いなく山登りになると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ