くにまるジャパンのテーマについての個人的な意見ちんどんや

個人的にですが、耳障り感が未だに拭えないのが朝9時開始の文化放送のくにまるジャパン のオープニングテーマなのです。
誰に頼んで作ってもらったのかは知りませんが作曲した人にも責任はあると思います。
あのテーマを聴いたことが無い人がいたら一度聴いてみて欲しいです。何度聞いてもチンドン屋的雰囲気の音が流れているようにしか聞こえてこないのはいかがなものかと思うのですが。
編成の人もそのうち馴染むだろうと楽観的になり過ぎな感じがします。
朝9時からだと他局では大沢悠里氏の番組とかやってるわけだから、あのくにまるジャパンのオープニングテーマからだと視聴者はそっちへ逃げてしまいそうな気が正直します。
ですから番組を聞いてるのは私みたいな一風変った者だけになってしまうのではと思えてしまうのですが、私も聴くのは頭の30分間だけで曜日ごとのコメンテーターが出演して時事ニュースの解説やコメントをするところのみです。
聴取率低迷のせいかは定かではないのですが最近2人の新人女子アナが入ったようなので、多少は番組も活性化されるのではないかという期待感はあります。
しかも新卒ではなくフリーの人らしいので、即戦力を必要とするほど番組は危機的状況だったのだろうかとか余計な推察までしてしまいました。
確かに私もアシスタントアナの入れ替えは必須ではないかと思っていましたので、その点では珍しく編成側と考え方は一致していたみたいです。
ただ個人的にはあのオープニングのテーマを何とかしない限り抜本的な改革にはつながらないような気が相変わらずしています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ