「勝運」のお水を求めて。

京都に、藤森神社というところがあります。この藤森神社の敷地内に、湧水をくめるところがある。この藤森神社は、勝運の神様がいるところらしく、このお水を飲むと、勝負運に強くなると最近関西ローカルのテレビ番組で紹介されていて、その番組の中で、「このお水を飲んだら万馬券が当たった!」と語るおじさんがいました。これを見た母が、ぜひこの水をくみに行きたい!ということで行ってきました。

うちからこの神社までは、電車で30分なのですが、母も私も車の運転はできません。父は免許はあるけど、このお水に全く興味がないらしく、車を出してくれる気配がない。なので、私と母で、キャリーバッグに2ℓの空のペットボトルを、二人で合計7本つめて電車で行きました。

現地につくと、次から次に、ペットボトルを持った人がこのお水をくみに来ていました。その中で、いつもくみに来ている常連さんがいて、「このお水でコーヒーを入れたら全然違うよ!」と言ってました。確かに、家に帰ってからこのお水でお茶を入れてみましたが、味がすっきりして、とてもおいしい!

それにしても、お水を持って帰るのは一苦労でした。いくらキャリーバッグでガラガラ引っ張っても、さすがに2ℓのペットボトル、私は4本、母は3本持って帰るのは大変!途中からこんなしんどい思いしてまで、このお水飲む意味あるのかなと思い始めました。家についた時には、腕も肩もがくがく震えてるし、全身の疲れも半端じゃない!それでも、やっぱりこのお水は美味しい。そして、「勝運の神様」のご利益を信じて、しばらく飲んだら年末ジャンボを買おうと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ