桜は散りゆく

今年は3月後半から4月前半にかけてずーっと天気が愚図ついています。梅雨時とかは2週間ほど雨が多いのなんて珍しいことではありませんが、この時期こんなに天気が悪いのは非常に珍しいように思います。何故なら桜前線活発な時期であり、お花見シーズンだからです。なんだか今年は天気予報とにらめっこしている内に花見のシーズンが終わってしまった感じです。

週間天気予報をチェックすると、本当の雨マークばかりだったんです。先週は一週間の内に1日か2日ほど曇りや晴れマークがあったのですが、その他はずっと雨でそれならその数少ない晴れ間にと思っても、週間天気だから多少ズレることもあり、この日に出かけようかと思っていた日は結局雨が降ってしまいました。

いくらなんでも雨の中にまだ肌寒いこの時期にお花見はしたくないですし、そもそも晴れてないと外で食事なんて不可能です。純粋に桜を見ることを楽しみたい人なら雨の中の桜でもある意味風情があるのかもしれませんが、私は桜も楽しみたいけどお花見の雰囲気とかあと料理も重要なんです。きっとそんな風に考える人は多いのではないでしょうか?だから花見が出来ずにガッカリした人も今年は沢山いたと思われます。

それに雨や強い風がふいたらせっかくの桜があっという間に散ってしまいます。満開の桜なんて1週間くらいしか見られないのに、その間も待たずに散ってしまうのはなんだか寂し過ぎますね。東北や北海道などはこれからですが、私は来年のお花見に期待するしかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ