春の天気は気まぐれで洗濯物泣かせ

春の天気は本当に気まぐれだなあと感じます。
天気予報で雨が降る降る言われ続け、それを信じて洗濯物もしなかったのに、結局降ったのは1日だけ。
しかもパラパラと時々降った程度です。
まあ春の天気を予報するのはやっぱり難しいようで、気象予報士泣かせの季節とも言われているから仕方ないですね。
とりあえず朝晴れていたら、雨の予報が出ていようともひとまず洗濯をすることにしています。
もし途中で雨が降ってきてもそのときは仕方ないと諦めて。
それでも、晴れ間に少し干しておくだけでも乾きが違いますから、ダメ元で干し、降ってきたら室内干しにしています。
これが梅雨の時期なら、最初から乾燥機をまわしちゃうんですけどね。
乾燥機は電力を消費するので、極力つかわないように日頃心がけているんです。
梅雨時のように雨続きでどうしようもない時だけ稼働。
春はもったいないので原則使わないようにしていますね。
毎年春は突風にも悩まされるのですが、今年は割と風も穏やかな日が多くて助かります。
風でよく洗濯物が飛ばされてなくなったり落としものでさらし者になってたりすると痛々しいものです。
春の天気は暖かくて気持ちいいけど、なかなかに洗濯物泣かせで主婦としてはつらい時期ですね。
5月頃になると気候もだいぶ落ち着いてきていい天気日和になるので、そうなったらもう一斉にカーテンや敷物類、秋冬物を連日しまくって片づけようと思っています。
うかうかしていると梅雨シーズンにはいってまた洗濯できなくなっちゃうから気をつけないといけません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ