小学校の友達

自分が小学生の頃から知っている友人が居る。この友人はゲームや野球が好きでよく遊んでいた仲である。
しかし高校生になってからは会うこともあまりなくなり20歳の成人式の時に再会した。
見た感じ変わりはないというのが不思議なものだった。
そしてその友人とは別にゲーム好きの同級生も居る。
小学生の時はクラスがバラバラだった自分を含めて3人がここ最近よく会うようになっている。
きっかけは同級生同士の飲み会であった。
自分が釣り好きというのは小学生の頃から言っていることである。
それを覚えていたのか、最近自分も釣りを始めたから教えて欲しいと言ってきたのである。
自分は釣りが好きであるが、人に教えるというのはあまりしたことがない。
ただ釣りをしているところを見て同じことをすれば釣れるというわけでもないぞ、と一応言っておいた。
そしてもう1人の同級生はゲームが好きで、自分もゲーム好き。
そして釣りにも少し興味があると言っていたので、日を改めて釣り会議をすることになった。
場所は同級生の家である。
自分の持っている釣り道具を少しだけ持っていき、これがルアーでこれがリールと言ったホントの初歩から教えていく。
友人は釣り道具もそれなりに揃えていたのだが、まだ経験が浅くて2年ほどしか釣りをしていないそうだ。
まぁ言うまでもないが釣りの経験は自分が一番長い。釣りの楽しいこと、厳しいこともたくさん知ってきた。
これから暖かくなる時期で釣りもしやすい。
3人で釣りに行って釣りの楽しさを感じてもらいたいと思っている。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ