朝食時にはあまり食べない方が良い食べ物というのがあるそうです!

時間が空いたのでネットニュースを閲覧していたら朝食時にはあまり
食べない方が体に良いと言われる食品が紹介されていました!

その5品とは菓子パン、ウインナーやベーコンなどの加工肉、
フルーツジュース、缶コーヒー、オムレツやスクランブルエッグらしい
のです。毎日は食べていませんが、朝食には定番というイメージが
ある食品が入っていたのにはちょっと驚いてしまいました!

血糖値が下がっている起床時にお砂糖が大量に含まれていたりすると
急激に血糖値が上昇するので体への負担が相当なものとなるらしいので
こういう食品が選ばれているのだと思われるので、これをきちんと
覚えておいて実行していたら糖尿病などの予防にもつながりそうだな~
なんて思いました!

とにかくおいしくヘルシーにゆっくり食べるのがよさそうでもありますね。
ヘルシーな温野菜や薄味のあえ物、スープなどと雑穀のおにぎりなどを
食べているとまずは安心かな?なんて想像してしまいますね。

卵も一気に数個食べるのではなくて1日あたり1個くらいを目安にして食べて、
あとはヨーグルトなどをプラスするとバランスよく過ごせるのかもしれません。

とにかく毎日のことなので悪いことを継続するとある程度の年齢に達した時には
ダウンしてしまいそうでもあるので、気をつけて朝からごはんを食べたいな~なんて
思ってしまった私です。

バランスよくなんでも少しずつをテーマとして食べるのが良さそうなので、おにぎり
だけや丼ものだけなんていう食事もだめそうですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ