大腸検査での入院

今日、午後から姑さんが大腸ガンの検査のために入院しました。入院と言っても大げさなものではなく、前夜の断食の難しい人が入るだけなので、そんなに気に病むようなことは無いのですが…。超スーパーミラクルネガティブ人間の姑はどっぷり落ち込んでいました。
二回の検便で出血はあったものの、血液検査での腫瘍マーカーは危険レベルではなかったので、旦那と私は楽観視しています。
もしガンがあったとしてももう70歳だし、舅さんも亡くなっているしであまり問題もありません。旦那はもしいなくなったらすこしはさみしくなるかもなぁなんて言っていますが…。
週6日用事もなく呼びつけては、世の中のネガティブネタを延々三時間つぶやき続ける人なので、私としてはいなくなれとは思わなくても、ちょっとはそれがなくなるといいなぁと思っています。
旦那と舅さんのうつの原因にもなっている人なので、これを気にすこしでも距離が取れるといいなと思います。

明日は朝一の姑の検査に付き合うために旦那が休みをとりました。
目の周りのクマがだんだんひどくなってきているので、午後からはぜひともゆっくりしてもらいたいです。明日は旦那の大好きな冷やし中華にして、マッサージして無理矢理にお昼寝させて夜は撮りためていたお笑い番組でも見て笑ってもらわなくっちゃ。
私は元気な見た目の姑よりも、最近すっかり笑顔が減ってしまっている旦那を心配しています。すこしでも旦那にとっていいおやすみになりますように。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ