この前楽しめたテレビ番組

この話題に入る前にまず私はヒットラーの支援者でないことを断っておきたい。
例えばネオナチとか、某団体とは全く無関係だということを宣誓してもいいのです。
先日見たテレビで、なんとベルリンで最期を遂げたはずのナチスドイツの総統ヒトラーが欧州を脱出し、
米国防総省の地下施設で今なお健在だというアンビリーバブルな話を耳にしました。
南極に逃げたとか言う話を以前聞いたことがありましたが、
寒くて暮らせんだろうと思ったことを覚えています。
ところが今度はアメリカのペンタゴンに連れてこられて、そこでまだ生きてる状態だというこなので、
なるほどありえなくもないかと思いつつも、
一連の都市伝説風な話しを聞かされるとすぐに信じそうになってしまう自分に半ばあきれてしまいました。
不思議話をすぐに肯定的に考えてしまう自分は元々ロマンチストではありますが、このストーリーには、
平均寿命が何百歳と言われる地底人のエピソードまで出てくるので、
普通の大人にとってはにわかには信じがたいものです。子供でも信じないかもしれませんが。
なぜ連合国側のアメリカが敵の大将を殺しもせずに、自国に連れてきたのか、その理由がよくわからないし、
ヒトラーは悪魔に魅入られた人物と言われているにもかかわらず、
その力を借りたいようなキリスト教国アメリカのスタンスも分からないし、
ヒトラーは反ユダヤの象徴的な人物でしたが本人もユダヤの血を引いているとの話しもあって、
この都市伝説のパート2を語って欲しいと思った人も多かったのではないでしょうか。
もちろん私も劇的な展開の第2章を期待しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ